黒ずみが気になるワキにはどんな対策が必要か?

ワキの黒ずみに気づいて、夏のファッションに困ったという経験はありませんか。
今現在も黒ずみに悩んでいて、来年の夏までに直したいと思っている方も多いでしょう。
そこで今回は必要なワキの黒ずみ対策についてみていきましょう。

脇の黒ずみで悩んでいる人の多くは、しっかりとケアをしているとおっしゃっりますが、
実は間違えた脱毛方法であったり、ケアのやりすぎの可能性があります。また、ワキの黒ずみには大きく分けて2つの型があり、それぞれ対処法が違います。
それぞれ見ていきます。

 

まずは、くすみ型と呼ばれるタイプです。

衣服や行動習慣による摩擦や乾燥、正しくない方法によるムダ毛の処理が主な原因です。
対処方法としては、摩擦については意識して入浴の際にゴシゴシと擦りすぎないことや、シルクやコットン製などの肌に優しい衣服を選ぶことです。
乾燥については乳液や保湿クリームなどでのケアが必要となりますが、この時に油分が多く含まれていますので、多く塗りすぎないことが重要です。
塗りすぎてしまうと悪化してしまうことがあるからです。

どんな保湿クリームを使ったら良いか知りたい方はこちらを参考にしてみてください。●脇黒ずみクリーム※くすみ・ブツブツ対策の保湿ならこれがおすすめ

そしてムダ毛の処理についてはご自身でやるとなると、剃刀やシェーバーを使うこと人がほとんどかと思います。
しかし、どうしても肌への負担が大きくなってしまい、黒ずみの原因になってしまうこともありますので、できれば肌への負担軽減が可能な光脱毛をお薦めします。

 

次にブツブツ型です。

こちらは、ワキのムダ毛を毛抜きを使って抜くことによって炎症を引き起こしてしまったり、肌の新陳代謝が上手く機能していないなどが主な原因です。

対処方法としては毛穴がブツブツしていると感じた時には、メイク落とし用のクレンジングオイルをやさしく塗り、その後、洗い流すことで改善が見られることがあります。
こちらは毎日やるのではなく週に3回を目安にやってみてください。

今回はワキの黒ずみ対策についてお話していきましたが、光脱毛以外の方法についてはご自身でもすぐに試すことができますし、簡単です。

少し少しの積み重ねが大きいですので、肌に優しい生活を送ることを心がけて欲しいと思います。