頬や鼻など顔の毛穴の黒ずみに対する効果的な対処ポイント

鏡の前の自分を見て顔の黒ずみに気づいたという経験はありませんか。

毛穴の開きこそが、顔の黒ずみの主な原因なのだそうです
そこで今回は頬や鼻といった顔の黒ずみの効果的な対処法について説明していきます。

最初に毛穴の黒ずみについて簡単にお伝えします。
黒ずみとは、角栓が酸化したものです。
角栓とは洗い残したファンデーションの汚れ、角質や皮脂等の集合体と解釈しても良いでしょう。
すなわち毛穴の開きが進むと必然と角栓が溜まり、黒ずみが酷くなるという負の連鎖に陥るのです。
知らず知らずのうちに日常生活の中で原因を作っているのかもしれません。
例えば洗顔料の過剰使用や刺激の強い洗顔、化粧で黒ずみ部分を隠すなど。
きれいにする行為であっても、無駄な刺激を与えてしまうので意味がありません。

 

次に正しい洗顔についてみていきます。
皆さんの中には朝と晩に洗顔をしている人もいると思います。
それ自体は悪いことではありませんが、そのうち1回は水だけで洗顔するのをお薦めします。
洗顔料を使うことによってしっかりと角栓を落とすことができますが、肌に刺激を与えます。
水だけでもある程度は落ちますので安心してください。
洗顔料を使っての洗い方ですが、まずは洗顔の前に手を洗います。
続いて洗顔料をしっかり泡立てます。
そして、おでこから鼻にかけてのTゾーンから優しく円を描くように洗います。
なぜなら顔の中で特にTゾーンと呼ばれる部分が皮脂が多いので念入りに洗いましょう。
後は目と口元は軽く、そして洗い残しがないように流しましょう。
そして清潔なタオルでふき取り、その後の保湿もお忘れなく。

保湿にも順番があります。
化粧水、美容液、乳液、最後にクリームの順番で行うと最も良いとされています。
更に注意したいのが、塗りすぎないことです。
特に乳液やクリームは油成分が多いですので、Tゾーンについては控えめにしたほうが良いでしょう。

洗顔を上手く行うことで黒ずみが改善に向かうケースというのも多いですから、基本的なことからやってみましょう。

そのほかには生活リズムを一定にするといいようです。
是非、今回お伝えした基本的なところから実践して肌に優しい生活を送りましょう。