皮膚科で受けれる肌の黒ずみ対策

黒ずみに悩んでいるけれども対応方法がわからず諦めかけている方は必見です。
意外に感じる方もいるかと思いますが、黒ずみの治療は皮膚科でも行われています。
実際の黒ずみ対策治療についてお伝えします。

 

皮膚科とひとくくりで言っても、一般的な皮膚科と美容皮膚科に分かれます。
まず押さえておくべきポイントをお話します。

黒ずみの治療は一般的な病気の治療とは異なり、基本的に自由診療ですので保険適用外となります。

それでは、一般的な皮膚科から見ていくことにしましょう。

一般的な皮膚科では黒ずみの専門治療を行っているのではなく、ハイドロキノンなどの付薬による治療だけです。色素沈着によって黒ずみかけて見える程度の初期の症状のみと、一般的な皮膚科では治療可能な範囲が狭いとされています。
しかし同じ薬を処方される場合、ものによっては美容皮膚科のおよそ半分の金銭的負担で済む場合もあるので軽度の症状であれば一般的な皮膚科も一つの選択肢です。
病院によっては対策治療を行っていない皮膚科もあるので、来院する前に電話などで確認をする方がベターです。
次に美容皮膚科についてです。

一般的な皮膚科は皮膚のトラブルを解消するための治療を施しますが、美容皮膚科ではその後の皮膚を美しくするところまでをサポートのゴールとしています。
また、美容皮膚科では軽度の黒ずみにももちろん対応しますが、黒ずみ部分が炎症してしまっている状態や、肌がかさぶたのように固まった状態の重度の患者への専門的治療に対応しています。
その他にも毛穴汚れの悩み解消も美容皮膚科が専門的に行っています。
実際に美容皮膚科では付薬による治療に加えて、早期解決が期待でき人気の高いレーザー治療、細胞の新陳代謝を後押しするピーリングなど多種多様です。
しかしどの治療法も複数回の通院が必要となりますし、治療費も総額10万円以上と高額になるケースも珍しくありません。

ここまで一般的な皮膚科と美容皮膚科を比較してきましたが、前者はごくごく限られた軽度の症状、それ以外は美容皮膚科に行くというように症状の重さによって考えてみても良いでしょう。

少しでも気になりだしたら検討してみるとよろしいかと思います。